ラグビーのルールは難しい?スクラム・タックルなど基本ルールを解説【初心者必見】

スポンサーリンク

数年前に人気に火がついたラグビー。

「いまだルールがわからない……」という方も多いのではないでしょうか?

しかし、これからラグビーを本格的に観戦する、実際にプレーを始める方が覚えるべきことはそれほど多くはありません。

ということで、この記事ではラグビー初心者の方が、簡単にラグビーの大まかな全貌がわかるように解説していきます。

ラグビーの基本ルール

経験のある方以外には、あまり馴染みのないラグビー。

「ラグビーのルールって難しい…」と思ってはいませんか?

たしかにラグビー公式のルールブックは分厚いですが、実際にラグビーを始める、または観戦しようとする場合、知っておくべきルールはそれほど多くありません。

念頭に置いて欲しいのは、ラグビーは「紳士のスポーツ」ということです。

プレー中やプレー後も、紳士的な振る舞いが求められます。

前にパスを出せない

ラグビーではボールを前にパスすることはできません。

横か後ろにパスをするのが基本です。もし、前にパスをしてしまうと、後述するスローフォワードという反則が切られます。

ラグビーは1チーム何人でやるの?

一番スタンダードなラグビーは1チーム15人で行います。

ポジション分けはありますが、全員で攻撃と守備を行います。

7人制や9人制のこともあります。

得点の種類(チャンス)はたくさんある

ラグビーの得点方法は何度か変更があり、現在に至ります。

なんといっても特徴は豊富なチャンスです。「どんな場面や場所からも得点が取れる可能性がある」、それもラグビーの魅力の一つです。

高校ラグビーと大学ラグビーの違い【ルール・時間など】

実は高校ラグビーと大学ラグビーには違いがいくつかあります。

まず大きく違うのが選手の体格です。高校生は成長期の選手が多く、完全に身体が仕上がっていません。

そのため、試合中に頭を守る「ヘッドキャップ」の着用が義務付けられています。

また、肩などを守る「プロテクター」を着用させる学校も多いそうです。

その点、大学生は身体も仕上がり、防具類の着用は義務付けられていません。

その他プレールールに関してもさまざまな違いがありますが、特に「試合時間」が大きな違う点ではないでしょうか。

高校ラグビーは、前後半30分のところ、大学ラグビーでは前後半40分と、合計20分もプレータイムが変わってきます。

このようにタックルなど体を強くぶつけ合うことが多いラグビーだからこそ、若いプレイヤーを守るような「紳士的な」ルールになっています。

ラグビーのポジション

ラグビーのポジションは大きく分けて「FW(フォワード)」と「BK(バックス)」の二種類があります。さらにその中で次のようにわかれます。

FW(フォワード)

PR(プロップ)

スクラムで重要ポジション。

1番前でスクラムを組み、相手との押し合いに勝つ必要があります。筋力に自信がある人におすすめ。

HO(フッカー)

スクラムではボールを足で自チーム側へ誘導します。

ラインアウト時にはスローインを任されます。

LO(ロック)

プロップとフッカーの後ろでスクラムを支えます。長身の選手がこなすことが多い。

FL(フランカー)

スクラムでは後方支援、それ以外では走り回ったりタックルでボールをどんどん狙いにいく役割です。

No.8(ナンバーエイト)

FWをまとめるポジションです。高い能力を求められるオールラウンダー的ポジション。

BK(バックス)

SH(スクラムハーフ)

スクラム時にボールをスクラムへ供給します。ボールコントロールや判断力が必要な重要なポジションです。

SO(スタンドオフ)

バックスをまとめる司令塔。攻撃の起点として活躍できる、ルールをしっかりと理解するラグビーIQとオフェンス力が求められます。

WTB(ウイング)

主にトライを決めることが求められます。スピードと俊敏性があるとベター。

CTB(センター)

バックス側でのオールラウンダー。総合的に高い能力が求められます。

FB(フルバック)

最後尾のポジション。ディフェンスでは最後の砦、またアタックではキック能力が求められます。

ラグビーの基本プレー

ラグビーの基本プレーをご紹介します。

タックル

ボールを持った選手にぶつかり、相手を倒すプレーです。

スポンサーリンク

肩よりも上でタックルする(ハイタックル)、ボールを持っていない選手へのタックル(ノーボールタックル)は反則プレーとみなされ、相手ボールになります。

キック

キックして、ボールを前に進めるプレー。状況によって、直接ゴールを狙える時と狙えない時があります。

モール

立っている状態で持っているボールを奪い合うプレー。

ラック

モールとは違い、地面にあるボールを奪い合うプレー。

スクラム

反則があった場合や、モールやラックが長く続いた時に移行します。

各チームのフォワード8人が組み合ってボールを奪い合います。

ラグビーで得点をとるには?

ラグビーで特に有名な得点プレーが、みなさんご存知の「トライ」。

しかし、その他にも得点を狙えるプレーはいくつかあります。

トライ(5点)

相手のインゴール(ゴールラインより外側)の地面についているボールに触れると得点が得られます。

コンバージョンゴール(2点)

トライのあとの追加得点チャンス。

定められた範囲の中からボールをキックし、クロスバー(H)の上側、両サイドのバーよりも内側を通過すると得点が入ります。

ペナルティゴール(3点)

相手の反則によって、ペナルティキックが与えられ、コンバージョンゴールと同じく、バーの内側を通過すれば得点になります。

ドロップゴール(3点)

プレー中にボールをワンバウンドさせてからキックを行い、コンバージョン・ペナルティキックと同様にバーの内側を通過すれば得点としてカウントされます。

反則のルール

反則ルールは細かく分けるといくつか種類があります。

ここでは、代表的なものをピックアップしてご紹介します。

スローフォワード

前方に向かってパスを出した時に取られる反則のこと。

ノックオン

スローフォワードのように故意でなくとも、手や腕に当たって前方にボールが落ちた時に取られる反則のこと。

オブストラクション

ボールを持っていない相手を妨害する反則プレー。オブストラクションが取られると、相手のペナルティキックから再開します。

ピックアップ

スクラム中にボールを手で拾うと反則になります。スクラム内のボールは足で掻き出す必要があります。

関連商品はこちら

まとめ

2019年はラグビーワールドカップの開催の年。

本日紹介した基本ルールを覚えれば、さらにラグビーの観戦が楽しくなること間違いなし!

ぜひ、本日の内容を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう
最新情報をお届けします。
球技スポーツ
この記事を書いた人
俵谷 龍佑

前職では、大手広告代理店にて百貨店や出版社のリスティング広告を担当。

前職で培ったSEOやデータ分析の知見を活かし、個人メディアを運営する傍らフリーのコンテンツライターとして活動中。

執筆テーマは、睡眠、お茶、経営、マーケと幅広い。
現在はライターのみならず、音楽イベントコミュニティ「MUSICROWD」の運営、野草茶研究家など、多岐にわたる分野で活動中。

俵谷 龍佑をフォローする
spopedia(スポペディア)