今注目のeスポーツ(esports)とは?種類について分かりやすく解説!

スポンサーリンク

eスポーツ(esports)って知っていますか?

その名の通り「エレクトロニック・スポーツ」の略で、パソコン等電子機器を使い、スポーツ、競技、ゲームなどを行うもの全般を指し、今後はオリンピックの種目に追加されると言われています。

eスポーツの魅力とは?eスポーツにはどんな種類があるのか?分かりやすく解説していきます。

eスポーツ(esports)とは?

eスポーツとは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、コンピューターゲームが誕生した1980年ごろから普及し始めました。

日本語で「電子競技」と呼ばれることがあります。

ちなみに、パソコンだけでなく、スマホアプリで行われるゲームもeスポーツに含まれます。

海外では、1990年代後半には賞金付きの大会が開催されるようになりましたが、日本はeスポーツ未承認国のため、ようやくここ4〜5年で賞金付きの大会が開催される程度です。

よく日本ではeスポーツが流行らないといわれることがありますが、これは「賭博罪」などの法的規制により、賞金付きの大会を開催するハードルが高く、eスポーツの活動が制限されるためです。

ただ、日本でもeスポーツ連合が日本オリンピック委員会に加入する、各ゲーム会社が大会を実施するなど徐々にeスポーツ業界も盛り上がりつつあります。

eスポーツ(esports)の条件

eスポーツ(esports)としてプレイされるゲームとそうでないゲームには、どんな違いがあるのでしょうか?

一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)によれば、以下のように定義されています。

・ゲーム内容に競技性が含まれる
・ゲームとして3ヶ月以上の運営・販売実績がある
・今後もeスポーツとしての大会を運営する予定がある
・eスポーツとしての大会の工業製が認められる

eスポーツ(esports)の種類

eスポーツと呼ばれるものはさまざまありますが、大きく分けると以下の9つに分類できます。

シューティング

銃でターゲットをシューティングし、ミッションをクリアしていくゲーム。

シューティングは、さらに「FPS」と「TPS」と呼ばれるジャンルに分かれています。

FPS(ファーストパーソンシューティング)

ファーストパーソン・シューター(First-Person Shooter)の略で、主人公の目線からプレイする一人称視点の3Dアクションシューティングゲームのことを指します。

始まりは1992年の「Wolfenstein 3D」と言われており、そこから現在までFPSは不動の人気を誇るゲームカテゴリになっています。

日本国内で最初にFPSがヒットしたのは、1997年に発売された「ゴールデンアイ007」で、800万以上のセールスを叩き出しました。

代表作
・『BattleField(バトルフィールド)』シリーズ
・『Call of Duty(コール オブ デューティー)』シリーズ
・『OVERWATCH(オーバーウォッチ)』シリーズ

TPS(サードパーソンシューティング)

「サードパーソン・シューティングゲーム(Third Person Shooting game)」の略で、FPSと違い、第三者視点から主人公を見ながらゲームが展開されます。

FPSに比べると臨場感には劣るものの、状況を把握しやすいというメリットがあります。

代表作
・World of Tanks
・World of Warships
・PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
・Fortnite(フォートナイト)
・荒野行動
・Splatoon

RTS(リアルタイムストラテジー)

RTS(リアルタイムストラテジー)とは、リアルタイムに戦略を考え、攻め込み倒すゲームのこと。

戦略ゲームとして「信長の野望」がありますが、このターン制をリアルタイム版にしたのがRTSです。

スポンサーリンク
代表作
・StarCraft Ⅱ
・Age of Empireシリーズ

MOBA(マルチプレイオンラインバトルアリーナ)

Multiplayer Online Battle Arena(マルチプレイヤー・オンライン・バトル・エリア)の略で、複数のプレイヤーと協力し、敵を倒すゲームです。

RTSとやや似ていますが、RTSは1人のプレイヤーが1つの陣営を担当し、複数のキャラクターを操作するのに対し、MOBAは全部のプレイヤーが二手に分かれ、陣営としての勝利を目指すのが特徴です。

元々は、RTSの一つのジャンルでしたが、そこから派生して出来上がったと言われています。

代表作
・Dota 2
・DotA Allstars
・League of Legends
・Heroes of the Storm
・Vainglory
・LORD of VERMILION ARENA

格闘ゲーム

文字通り、プレイヤー同士が操作するキャラクター同士が戦う対戦格闘ゲーム。

複数対複数で格闘するものもあります。

「鉄拳」「スマッシュブラザーズ」「ストリートファイターズ」など、日本人にも馴染みのあるタイトルが多いです。

代表作
・ストリートファイターシリーズ
・GUILTY GEARシリーズ
・鉄拳シリーズ
・DEAD OR ALIVEシリーズ

スポーツゲーム

本格的なスポーツの感覚な味わえるシミュレーションゲーム。

「SPG」と略されて呼ばれることもあります。

スポーツのルールそのままにプレイできるので、あまりゲームに馴染みのない方でもすぐに始めることができます。

最近は、球技だけでなく、レース系ゲームもタイトルに追加されており、注目のゲームカテゴリの一つです。

代表作
・WRC7
・ウイニングイレブンシリーズ
・実況パワフルプロ野球

パズルゲーム

日本人には昔から馴染みのある「ぷよぷよ」や「テトリス」はもちろん、最近だと「LINEディズニー ツムツム」「パズル&ドラゴンズ(通称パズドラ)」がパズルゲームに該当します。

2018年10月には、「ぷよぷよeスポーツ」が発売され、本格的にパズルゲームもeスポーツに参入する様相を見せています。

代表作
・ぷよぷよ
・LINEディズニー ツムツム
・パズル&ドラゴンズ

OCG

OCGとは、オンラインカードゲーム(Online Card Game)の略で、カードを使い対戦相手と勝敗を決めるゲームのこと。

古くは、「マジック・ザ・ギャザリング」や「遊戯王」ですが、今のOCGはよりルールも多様化、ストーリー形式になっていたりと、複雑になっています。

代表的なのが、「Shadowverse(シャドウバース)」です。

各地でさまざまな大会も行われており、eスポーツの中でも盛り上がっている種目の一つです。

代表作
・Shadowverse(シャドウバース)
・ハースストーン(Hearthstone

音楽ゲーム

音楽ゲーム、通称”音ゲー”。

まだまだ、eスポーツとしての認知は低いですが、今年いろはにぽぺとがeSports実業団において、音楽ゲーム部門を設立し、eスポーツへの本格参入が期待できそうです。

ちなみに、2019年1月時点の募集タイトルは「BEATMANIA(ビートマニア)」「太鼓の達人」「GROOVE COASTER(グルーヴコースター)」等だそうです。

代表作
・BEATMANIA(ビートマニア)
・太鼓の達人
・GROOVE COASTER(グルーヴコースター)

MMORPG

「Massively Multiplayer Online Role-Playing Game(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム)」の略で、大多数同時参加型オンラインRPGゲームのことを指します。

Final FantasyⅪが代表的なゲームタイトルです。

大きな特徴は、通常のRPGと異なり、時間が常に流れている状態になるため、電源を落としてセーブした状態に戻すということができないところです。

より複雑にリアルタイムにロールプレイングしていく面白さが味わえます。

MMORPGは、他の種目に比べるとeスポーツへ本格参入していませんが、BladeAndSoul(ブレイドアンドソウル)は、賞金付き大会も開催しています。

代表作
・ファイナルファンタジー
・ラグナロクオンライン
・BladeAndSoul(ブレイドアンドソウル)

まとめ

eスポーツは、まだまだ新しい競技で、これからジャンル・種類分けが精査されていくものと思います。

日々IT技術の進化とともに、面白いゲームも次々に登場しているので、今後も目が離せないですね!

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう
最新情報をお届けします。
eスポーツ
この記事を書いた人
俵谷 龍佑

前職では、大手広告代理店にて百貨店や出版社のリスティング広告を担当。

前職で培ったSEOやデータ分析の知見を活かし、個人メディアを運営する傍らフリーのコンテンツライターとして活動中。

執筆テーマは、睡眠、お茶、経営、マーケと幅広い。
現在はライターのみならず、音楽イベントコミュニティ「MUSICROWD」の運営、野草茶研究家など、多岐にわたる分野で活動中。

俵谷 龍佑をフォローする
spopedia(スポペディア)