野球選手に多い怪我はどんなものなの?

スポンサーリンク

日々日本中を湧かせてくれ、子供達に夢を与え続けるプロ野球選手。毎日鍛錬をしている選手達ですが時には怪我をすることもあります。登山に高山病、というものがあるように野球選手にも特有の怪我があることはご存知でしょうか?今回は野球選手特有の怪我を3つご紹介していきます。

まずご紹介するのは「野球肩」という怪我です。症状としては肩関節障害の事を指し、主に投球動作によって引き起こされます。
治療方法としてはとにかく安静にしていること。日々のストレッチが大切になってきます。

野球選手に多い怪我その2「インピンジメント症候群」

次にご紹介するのは「インピンジメント症候群」という怪我です。野球肩と同様に、肩に関する症状で引っ掛かったような状態になるのが特徴です。
治療方法は症状によって様々で、電気治療やマッサージなどがあります。

野球選手に多い怪我その3「背部挫傷」

最後にご紹介するのは「背部挫傷」という怪我です。その名の通り背中部分の怪我なのですが、簡単に言うと背中の肉離れになります。
治療法は「インピンジメント症候群」と同様に、症状によって様々ですのでまずは医師から的確な治療方法をアドバイスいただくのがベストです。

まとめ

野球選手に多い怪我をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?様々なスーパープレーで我々を楽しませてくれる野球選手ですが、上記のような怪我に悩まされることもあります。乗り越えてまた素敵な姿をグラウンドで見せてほしいものですね。