女子のゴルフファッションで知っておきたい鉄則5選

スポンサーリンク

他のスポーツとは違って、マナーが大事にされるゴルフ。ゴルフを始めるときに、悩みになるのがファッションです。行き帰りやプレー時に、どんな服装にしたらよいか困っているかたも多いかと思います。今回は、女子のゴルフファッションで知っておきたい鉄則5選をご紹介します。

最近は、ゴルフ場にゴルフウェアを着て入場される方もいらっしゃるようですが、基本はクラブハウスとプレー時のファッションは別々にして、着替えるのが原則です。ファッションは基本、エレガントで品のあるもの。ビジネスカジュアルをイメージしていただくとよいと思います。露出の多い、派手な服装は慎みましょう。

どのゴルフ場でもNGなのは、Tシャツ、ジーンズ、高いヒール、サンダル、ミュール、スニーカー、ゴルフシューズです。夏場を除いては、女性もジャケットを持参したほうがベターです。インナーは襟付きのものを。
ロングパンツがおすすめですが、スカートやワンピースを着るときは膝まで丈があり、カジュアルすぎないものにしましょう。素足はNGなので、ストッキングは必須です。靴はパンプスや低いヒール、革靴が好印象です。クラブハウス内では、サングラスや帽子は外しましょう。

鉄則2 プレー時のファッション、トップス編

インナー編

トップスインナーのポイントは「襟」!必ず襟のついているものを着用しましょう。ポロシャツは、スポーティーかつ襟もついているので間違いないです。Tシャツやタンクトップ、キャミソールはNGです。冬場はタートルネックもOKです。
インナーの裾はボトムにタックインが基本です。最近、おしゃれゴルフ女子に人気の、フェミニンな襟のついたゴルフウェアワンピースもおすすめです。

アウター編

インナーが襟つきであれば、アウターは季節にあわせてカーディガンやパーカー、ジャケット、ブルゾン、ダウンなどをチョイスして大丈夫です。着脱しやすい前開きのものにしましょう。

鉄則3 プレー時のファッション、ボトム編

オールシーズンを通してロングパンツがおすすめですが、ジーンズやジャージはNGです。露出が少ないほうがよいので、ショートパンツやスカート、キュロットを着用する場合は、ハイソックスで露出を防ぐのがポイントです。ベルトの着用も忘れないようにしましょう。
丈の短すぎるショートパンツやミニスカート、テニス用スコートはマナー違反となりますので、注意してください。

鉄則4 プレー時のシューズについて

プレー時は、必ずゴルフ用のゴルフシューズを着用しましょう。スニーカーやランニングシューズはNGです。専用シューズでないとプレーしにくいだけでなく、コース上の芝を痛めてしまう危険があるからです。
ちなみに素足はNGです!日焼け防止効果のある、UVゴルフストッキングなどもあるのでチェックしてみてください。最近では、女性用のゴルフシューズもスポーティーなものから、おしゃれなものまでデザイン豊富にそろってきているので、お気に入りの一足を見つけやすいと思います。

鉄則5 プレー時のファッション、アクセサリーなどその他

オールシーズンを通して、帽子の着用はおすすめです。直射日光を防ぐためにもキャップやバイザーをかぶりましょう。ニット帽などもOKです。ロングヘアーの方は髪をまとめましょう。
サングラスや耳当て、ネックウォーマーの使用は可能です。ゴルフグローブはつけてもつけなくても自由ですが、つけるとプレーがしやすく、日焼け防止にもなります。また、女性で見かけることは少ないと思いますが、プレー中にタオルを首にまいたりするのはNGです。

まとめ

女子のゴルフファッションで知っておきたい鉄則5選、いかがでしたか?他のスポーツと比べて、マナーにちょっぴり厳しいゴルフですが、今回ご紹介したことを参考にコーディネートすれば、大丈夫です!エレガントで品のある装いを心がけて、楽しく優雅にゴルフを楽しんでください。