バスケのフリースローが届かないを解決!投げ方を改善し点数を量産しよう

スポンサーリンク

バスケットボールの試合では、ファウルを取られたときなどにフリースローが行われます。

フリースローは点数差をつける絶好のチャンスでもあり、成功させたいもの。

でも慣れていないと、緊張してうまくいかないということも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、フリースローのルール、上達のコツや投げ方のポイントについてご紹介します。

バスケのフリースローのルールは?

改めて、フリースローに関するルールについて解説します。

フリースローになる条件は?

フリースローは、自分のチームがファウルをとられたときに、ペナルティーとして相手チームにフリースローをする権利が発生します。

状況により、1回から最大3回までフリースローの権利が与えられます。

フリースローのバイオレーションは?

ヴァイオレーションとは、ファウル以外の禁止行為のことです。

フリースローは「フリースローライン」という半円型のラインの内側から行います。

このとき、フリースローを行う選手(シューター)はラインを踏んではいけません。

また、途中で動作を止めることはできません。

さらに投げたあと、ボールがリングに当たるまでは、フリースローエリアのラインの外に出られません。

これらに違反するとヴァイオレーションとなります。

オフェンス・デフェンスの人数と立ち位置は?

シューター以外のオフェンスの選手は2人、ディフェンスのチームからは3人がフリースローラインの外側で待機します。

相手チームがゴールに近い位置から、互いに交互に並びます。

外の5人はシューターの手からボールが離れるまでフリースローラインの内側に入れません。

また、シューターとこれら5人以外の選手は、スリーポイントラインの外側のフリースローラインの延長線上の外側で待ちます。

フリースローの時間は?

シューターは、審判からボールを受け取って5秒以内にシュートを行わなければいけません。

フリースローが失敗したときは?

フリースローが失敗したときは、リバウンド争いとなって試合が再開します。

バスケのフリースローの投げ方・打ち方

バスケでフリースローが決まると、試合が有利になります。

ぜひフリースローを決めたいですね。

ここでは、フリースローの投げ方・打ち方について書いていきます。

腹式呼吸を意識する

フリースローは短い時間でコンディションを整えてシュートしなければなりません。

そのためには腹式呼吸を意識するのが有効です。

そうすることで、体に無駄な力が入らず、リズムも生まれてシュートが入りやすくなります。

ルーティン(決まった動作)を作る

普段から、フリースローの前に自分の意識を集中できる「ルーティン」を一つ作っておきましょう。

そして、本番でも普段と同じ動作をしてください。

こうすることで、心を乱すことなく、冷静にフリースローを行えます。

手首のスナップを使う

ボールが手から離れる瞬間に手首のスナップをきかせてみましょう。

手首のスナップが十分にきいていると、ボールの軌道をコントロールできます。

また、体の軸がぶれているとコントロールできないので、フリースローの時はジャンプはしないようにしましょう。

フリースローの上達のコツは?

投げるときに腕の力を抜く

ボールを投げるときに、腕の力を抜くことを意識しましょう。

腕の力を抜くと、同時に全身の力も抜けます。

リラックスした状態で、フリースローを打つことができます。

ゴールの一点を見て投げる

フリースローを投げるとき、ゴールの一点を見つめながら投げましょう。

ボールの軌道を安定させることができます。

息を止めて投げる

呼吸を止めることで体がぶれなくなり、安定したシュートを投げることができるようになります。

フォームを録画しておく

実際、フリースローをしている時、自分のフォームの状態を確認することはできません。

録画して、失敗した時と成功した時のフォームを確認することで、フォームをより早く改善することができます。

フリースローの飛距離を伸ばすには?

特に初心者の場合、フリースローをしてもゴールまで届かないという方もいるでしょう。

どのようにすれば、ゴールまで届くように飛距離を伸ばせるのか、そのコツをご紹介します。

下半身のバネを使う

投げる瞬間は、膝を軽く曲げた状態にしましょう。

投げたときに膝を伸ばすことで、ボールが遠くに飛ぶようになります。

ボールに逆回転をかける

ボールを投げる瞬間に、手首のスナップをきかせてボールを逆回転させます。

逆回転しながら飛んだボールは前へ進む力が強くなり、結果的に飛距離が伸びます。

ボールを真上に投げる

ボールがゴールに届かないのは、高さが足りないのも原因です。

真上に投げることを意識すると、飛距離が伸びます。

フリースローの関連グッズ・書籍・DVD

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バスケットボールベターフリースロー日本語字幕付
価格:4800円(税込、送料別) (2018/6/30時点)

まとめ

いかがでしたか?

フリースローは、ごく短時間で行わないといけないため、「メンタルショット」ともいわれています。

本日紹介したポイントやコツを参考に、確実にフリースローを決められるようになりましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう
最新情報をお届けします。
バスケ上達
スポンサーリンク
この記事を書いた人
俵谷 龍佑

前職では、大手広告代理店にて百貨店や出版社のリスティング広告を担当。

前職で培ったSEOやデータ分析の知見を活かし、個人メディアを運営する傍らフリーのコンテンツライターとして活動中。

執筆テーマは、睡眠、お茶、経営、マーケと幅広い。
現在はライターのみならず、音楽イベントコミュニティ「MUSICROWD」の運営、野草茶研究家など、多岐にわたる分野で活動中。

俵谷 龍佑をフォローする
spopedia(スポペディア)