速くカッコよく走る方法 上級編

スポンサーリンク

レッスン1「加速_コントロール」

スピードが出てる時、足が後ろに置いていかれないようにしっかり自分のコントロール
しやすい真っ直ぐな軸なところで回して足を下ろしていけるかが重要です。
前に行くスピードで足が後ろに流れてしまうと、体を上げた時に足が置いてけぼりに
なってしまいます。それを避けるためにはしっかり真下に足を下ろして徐々に上体を
上げていく事が大事です。

レッスン2「加速_足の流れ」

地面を押して加速すると足が流れて上半身だけ前に行ってしまい、
つま先で接地することによってブレーキをかけながら走ることになってしまいます。
加速が乗ってきたら足を真下に下ろして地面に力を加え、
しっかりゆっくりと上体を乗せていくとキレイな加速が作れます。

レッスン3「スピードの維持」

最大スピードまで到達した時にもっとスピードを出そうとすると力みになってしまい
フォームが崩れてしまいます。
スピードがMAXまできた時はそのスピードを維持してゴールまで行くようにしましょう。

【上記動画内猿山選手着用アイテム】
・ネックレス(ColantotteワックルネックネオGE)
・ブレスレット(ColantotteループCREST)
・ブレスレット(BANDELクロスブレスレット)

Featured Video Play Icon
この記事が気に入ったらいいね!しよう
最新情報をお届けします。
動画あり陸上競技上達
スポンサーリンク
この記事を書いた人
猿山力也
日本の男子陸上競技選手。専門は走幅跳。千葉県流山市出身。

日本人13人目の8mジャンパー(PB 8m05)
成田高校→日本大学→モンテローザ→プロ陸上選手・流山ホークアイ監督

2007年 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 優勝
2009年 東アジア競技大会 3位
2009年 日本陸上競技選手権大会 3位
2010年 アジア室内陸上競技大会 優勝
2010年 日本陸上競技選手権大会 2位
2010年 千葉国体 優勝
2011年 日本陸上競技選手権大会 2位
2011年 東日本実業団大会 優勝
2011年 アジア選手権大会 3位
2015年 日本陸上競技選手権大会 4位
2016年 日本陸上競技選手権大会 13位
2017年 日本陸上競技選手権大会 6位

猿山力也をフォローする
spopedia(スポペディア)