バスケットボールのポジションまとめ。それぞれの役割や向いている性格って?

スポンサーリンク

バスケットボールにおけるポジションは、野球のように固定されているわけではないので、ともすれば「プレー中はみんなが動き回っているのでよくわからない」と感じるかもしれません。また、「身長順でしょう?」と一言で片づけてしまっている人もいるかもしれません。
ただ、便宜上は各ポジションに名称や略称があり、時には1番~5番と番号で呼ばれていることも。各ポジションの役割や、身長だけではなくこんな性格の人が向いている、というものもあるので、観戦時のポイントにしてみても面白いかもしれません。

攻撃時に、ボールをドリブルで運び、さらには全員を指揮する役割の人がポイントガードです。ですから、ドリブルやパスの上手さ、素早い動きが求められ、この素質を持っているのが小柄のプレイヤーということが多く、ポイントガードが一番小柄な選手、ということが一般的かもしれません。
全員を指揮するという点では、リーダーシップや判断力を持った人、視野が広く、チームをコントロールできる人がこのポジションになると◎。ただ、Bリーグなどではこのポジションも180cm台のプレイヤーが多く、世界では190cm超プレイヤーも決して珍しくありません。長身のプレイヤーをポイントガードとして育てることで、プロも夢ではなくなるかも!

シューティングガード(SG/2番)

その名の通り、シュートが得意で、特に3ポイントシュートに秀でているプレイヤーが任されることの多いポジションです。加えてポイントガードと同様にドリブルやパスを駆使してボールを運ぶため、ボールコントロール力やアシスト力も求められます。
例え連続してシュートを外しても、強気にロングシュートを打てる気持ちの強さや、反復してシュート練習をできる根気強さのある人に適性があるかもしれません。

スポンサーリンク

スモールフォワード(SF/3番)

シューティングガードとほぼ同じ役割を担いますが、よりドリブルでゴール下に攻めていくイメージです。ディフェンス力の高い選手がこのポジションとなり、相手のシューティングガードを封じ込める役割を担うことも多いです。
サイドからスローインする役目を担うこともあり、広い視野や冷静さ、ポイントガードとゴール下の選手を結びつけるようなコミュニケーション力も必要なポジションです。

パワーフォワード(PF/4番)

ゴールに近いところでプレーすることが多く、特にリバウンドなどボールの争奪戦に勝てるような、粘り強さやジャンプ力、屈強な肉体が要求されます。ゴール下は戦場だとも言われるように、ポジションやボールの奪い合いが激しいので、恐れることのない強い精神力と、負けず嫌いな性格の持ち主でないと務まらないかもしれません。

センター(C/5番)

ゴールに最も近い位置でプレーするのがセンターポジションです。リングに背を向けてパスを受け、ターンしてディフェンスをかわしながらシュート、というプレーが多く、身体の接触に強いプレイヤーや、ゴール下のシュートに強いプレイヤーが求められるため、必然的に身長の高い選手のポジションとなりがちです。
オフェンスでもディフェンスでも大黒柱となるため、安定した性格や接触時でも感情が乱れることのない気持ちの強さは大切です。ただ、長身で目立つことが多いせいか、普段は控えめで温和な性格だったりします。

もちろん、このポジションには比較的このようなプレーヤーが多いというだけで、ここで紹介したケースにあてはまらないこともあります。ポイントガードの箇所で紹介したように、背の高いプレイヤーがポイントガードをしてもいいですし、背が高くなくても腕が長く、パワーフォワードなどゴールに近いポジションが得意なこともあります。
また、どのポジションでも3ポイントシュートが得意だと、どこからでも攻撃ができるという強みにつながるので、意識して練習したいですね。

スポンサーリンク